視線の速度

こんにちは。
学習塾マジック代表の髙橋です。

僕たちの識字のスピードにもっとも関係があるのは視線の動かすスピードらしいです。

よって文字を読むために視線を上下左右に動かすよりも、フラッシュ計算のように同じところに文字が現れたほうが文章を速く読むことが出来るようです(……まぁ理論上はそうだとしても、フラッシュ計算のように文字が瞬く電子書籍を読みたいかと言われればそれはまた別の話なので、実用化はされていないようですが……)

ただこれを逆手にとれば、目線をスピーディーに動かす訓練をすれば文章を速読できるということです。

目を速く動かす意識を持ってたくさんの文章を読むと、読解問題の向上の一助になるかもしれませんね。

ということで、今日の学習ブログのテーマは「読み書き算盤」です。

よろしくお願いいたします。

学習ブログへのリンク
/blog/20220719-1556/