読書と言葉

【特集】「読む・書く」に特化した国語で人とつながる力を養う…関西大倉 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

「本を読むことで人の考えに触れて、文を書くことで自分の考えを誰かに伝えてみる」

こういうことを日常的に行うことは大切ですよね。

特に伝わりやすい言葉を作るということは、AIに的確な指示をするために多くの子供たちが将来的に必要となる素養になるでしょうし、書くことに力を入れる教育というのは意味があるのかなと思います。

人にとってもAIにとってもそうですが、分かりやすい文章を作るということに大切なのは、たくさんの文章を読むということですし、たくさんの言葉が記憶に蓄積されることで初めて、自分の伝えたいことを分かりやすく魅力的に表現できますし、本を読むというアナログなことが、”人生の攻略法である”という事実は、これからの時代でも変わらないのかもしれません。