志望校を下げると、成績も下がる?

塾講師の界隈ではよく言われることなのですが、受験生ではない1年生・2年生の段階で、当初の志望先よりもランクを下げてしまう消極志向の子は、いざ受験生になってから厳しい戦いを強いられますね。

目標を下げてしまうと、努力の水準も下げてしまうのが人間ですから(甘えとか慢心ではなく、人間としての本能です)、ほかの子たちが積極的な努力をする受験生になってからでは、成績順位がどんどん下がりがちです。

ここで奮起できるお子さんもいますが、自信を失い、さらに志望校を下げようとするお子さんも多いです。

負の連鎖です。

だから出願期間でもないのに、安易に志望校を下げることは、黄色信号かなと。

ということで、せっかくこの時期に下野模試を受けてくれる中学1年生・2年生は、もしも厳しい結果が出ても、その結果から逃げないでくださいね。

受け止めて、立ち向かってください。

そういう子なら、僕だって1年間でなんとかしてあげますので。

そしてかりにこの時期の下野模試で偏差値的に志望校に到達していた子は、ぜひ志望校のランクを上げてください。

高みを目指せば目指すほど、これからの1年間大きく成長できますよ。